「好き」を見つけ、夢中になって深める。

子どもの遊びとは、夢中になれる時間であり、主体的に活動できるものです。
だからこそ、くるくるでは、子どもの「遊び」を大切にしたプログラム活動をたくさんご用意しています。

■気になる「活動内容」について…
くるくるの考える「遊び」とは「学び」のことです。そのため、スポーツ、絵画、工作、調理実習、体験活動など「学ぶ要素」がいっぱい詰まったプログラム内容が多いです。
プログラム活動の中から自分の「好き!」を発見する。そして、その「好き!」を夢中になって深めていく。
一人一人が主人公になれる時間、それが「子ども活動」です。
■「子ども活動」で大切にしたいこと。

●プログラム活動:指導員がプログラムして遊ぶ時間。

ポイント1)多種多様なプログラムで一人一人の好きを発見する。
ポイント2)好奇心、探究心、チャレンジ
ポイント3)達成感
ポイント4)関わりを大切にし、社会性を育む

●子ども活動:子どもたち自身で、遊ぶモノを選び創意工夫しながら遊ぶ時間。

ポイント1)好きを深める
ポイント2)思考力、創造力、行動力
ポイント3)主体性
ポイント4)関わりを大切にし、社会性を育む